ズボンの裾上げ加工作業服・空調服のだるま商店

  • URLをコピーしました!

ズボンの裾上げ加工 作業服・空調服のだるま商店

商品について

裾上げ加工(たたき仕上げ)は、ズボンの裾部分を短く調整する加工です。布端を内側に折り込み、アイロンで叩いてプレスし、裾を固定します。この仕上げは、裾をすっきりさせ、生地のほつれを防ぎます。 ズボンやパンツの裾の調整には、他にも裾上げ加工(シングル仕上げ)やトリプル仕上げなどがあります。裾上げ加工(たたき仕上げ)は、最も一般的な仕上げで、カジュアルなズボンやパンツによく用いられます。その控えめな仕上がりが、スタイリッシュな外観を維持できます。

裾上げ加工(たたき仕上げ) 裾補正 ズボン パンツ

ズボンの裾上げ加工

裾上げ加工(たたき仕上げ) 裾補正 ズボン パンツ

ズボンの裾上げ加工

商品の特徴

裾上げ加工は、ズボンの丈を短く調整するサービス。主に作業服やユニフォームの裾を対象とし、規定の丈に合わせたり、個人に合わせた快適な長さにすることを目的としています。 通常、裾上げ加工は専用のミシンを使用して行われます。裾を折り返し、必要な長さに合わせて縫い付けることで、プロフェッショナルな仕上がりを実現します。裾上げの幅は、作業服やユニフォームのスタイルや好みに応じて調整できます。 裾上げ加工を行うことで、ズボンをより快適で機能的に着用できるようになります。適切な丈のズボンは、作業の効率を高め、事故や怪我のリスクを軽減することができます。また、ユニフォームの裾上げは、チームの統一感を向上させ、ブランドイメージを向上させるのに役立ちます。

サービス詳細

裾上げ加工(たたき仕上げ)とは、ズボンの裾を好みの長さに調整する技術。一般的な裾上げとは異なり、裾を内側に折り込み、ハンマーで叩いてプレスすることで、生地に折り目が付き、耐久性の高い仕上がりになります。 この加工は、ワークパンツやデニムジーンズなど、カジュアルなズボンに適しており、普段の着こなしにさりげないアクセントを加えられます。また、しっかりと仕上げられているため、ほつれや破れを防ぐことができます。 裾補正をすることで、ズボンの長さを自分好みに調整し、快適に着用することができます。お直し専門店やアパレルショップで依頼することができ、通常は数千円程度の費用がかかります。

作業服、ユニフォーム等のズボンの裾上げ加工

ズボンの裾上げ加工
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次